労働者の個別紛争専門の黒田社会保険労務士事務所

TOP PEGE
トップページ
CONTENS
業務案内
OFFICE
事務所案内
PRICE
報酬額
INQUIRY
お問合せ
TOP

個別労働紛争とは

あっせんの対象となる紛争
 ならない紛争


あっせんによる個別労働紛争解決事例

最高裁の不利益変更7要件

整理解雇の4要件

解雇権濫用法理

出向と内定取り消しのルール

あっせん申請書(見本)

個別労働紛争資料

社会保険労務士とは

お役立ちリンク集


      
出向と内定取り消しのルール

 出向に関する判例

(新日本製鉄事件 最高裁 平成15年4月18日判決)

 民法625条1項、使用者の権利の譲渡には労働者の承諾を要する
との前提に立つものの個別同意なしに出向を命ずることが可能な
条件

1、解雇等を伴わない在籍出向であること(移籍出向は退職扱い
 になる)

2、就業規則等に業務上の必要によって、「社外勤務をさせるこ
 とがある」などの出向規定のあること

3、出向労働者の利益に配慮した、担保能力のある詳細な規定が
 設けられていること


 内定取り消しのルール

(大日本印刷事件)

 採用内定が、事実上の労働契約成立となっているものについては、
内定を取り消し、事由は、

1、内定当時知ることが出来ないものであること

2、知ることが期待できないような事実であること

3、それを理由とする取り消しが解雇権留保の趣旨・目的に照
 らして客観的に合理的と認められるものに限定される。

            

個別労働紛争専門社会保険労務士
黒田労務行政書士事務所
東京都東村山市多摩湖町2−2−16

 電話 042−393−1073
 FAX 042−391−9902
 メール 9902@jcom.home.ne.jp

Copylight(C) 2012 黒田社会保険労務士事務所 All rights reserved